スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連携ミス 患者犠牲 県・自衛隊混乱 政府事故調 最終報告で指摘ー7月24日読売新聞

7月24日読売新聞の三面の記事です。政府事故調の最終報告を受けての記事です。

(記事ををクリックすると、画像が拡大して記事を読むことができます)
読売1_convert_20120728231313
読売2_convert_20120728232415
スポンサーサイト

双葉病院の患者救出遅れ 事故調、自治体などの連携不足を批判ー7月24日日本経済新聞

 政府事故調は最終報告で、福島第1原発の南西約4キロにある精神科病院「双葉病院」(福島県大熊町)と系列介護老人保健施設にいた患者らの救出が遅れ、避難前後に多数死亡した問題を8ページにわたり詳述した。県や町、警察、自衛隊の連携不足で「不適切といわざるを得ない事態が生じた」と強く批判した。

 県が当初、「患者救出時に病院関係者は1人もいなかった」と発表したことについては、院長は県警に連れ出されて自衛隊と合流しようと峠で待機していただけで「県の発表は事実に反し、不適切」と指摘した。

 報告書によると、昨年3月12日朝、同原発10キロ圏内に避難指示が出たのを受け、大熊町は大型バス5台を病院に派遣。約210人を救助したが、寝たきり患者ら約230人が取り残された。町は避難は完了したと考え、その後の確認を怠った。

 「患者が残っている」と連絡を受け陸上自衛隊が救助を始めたのは2日後の14日午前。その間に計5人が死亡・行方不明に。陸自は128人を 70キロ離れたいわき市の体育館に運んだが、原発を避けて半日かけて移動したうえ、医師の同行もなく、少なくとも8人の死亡が確認された。

 15日には計54人が救出されたが、伊達市の避難所で2人の死亡を確認。陸自は院長と合流できず、別棟にも患者がいると気付かなかった。35人の救出は16日にずれ込み、福島市などの避難所で5人死亡が確認された。

 事故調は、警察無線で連絡を取ることができた県警に、自衛隊が協力を求めるなど、関係機関の連絡体制を確保する必要があったと指摘。「人命救助にあたる者は強い責任感を持って任務に当たるべきだ」と強調した。



 双葉病院は23日「報告書を手掛かりとして病院側でも調査を続け、一日も早く遺族に真相を報告したい」とのコメントを出した。「なぜ病院が取り残され、多くの患者を救えなかったのか、避難の経緯で何が起きたのか、いまだに不明な部分が残されている」とした。

「双葉病院事件で見えてきた自衛隊の不可解な行動」月間「集中」より

http://medical-confidential.com/confidential/2011/10/post-315.html

双葉病院事件で見えてきた自衛隊の不可解な行動

東日本大震災での自衛隊の活躍は被災地で称賛を浴びた。しかし、東京電力福島第一原子力発電所事故で起きた双葉病院(福島県大熊町)患者置き去り誤報事件では首をかしげたくなる行動をしていたことが明らかになってきた。
NPO法人医療制度研究会(理事長=中澤堅次・済生会宇都宮病院名誉院長)の主催で、東京・港区の北里研究所病院で10月29日に開かれた講演会「東日本大震災被災医師の行動」。「福島原発事故で起きた双葉病院事件の真相」の演題で、同病院医師の杉山健志氏とノンフィクション作家の森功氏が講演した中で、自衛隊の次のような行動が浮き彫りになった。
3月11日当時、原発から4.5kmの双葉病院には精神疾患を抱えた患者や認知症の高齢者ら340人、近くにある系列の介護老人保健施設「ドーヴィル双葉」に約100人の計約440人の患者・入所者がいた。病院は町長に避難車両の手配を依頼。観光バス5台が救助に訪れたのは、大震災の翌3月12日昼ごろ。患者209人と職員約60人を載せて午後2時過ぎに出発した。
午後3時36分、第一原発1号機が爆発。放射能の恐怖に加え、電気や水道、電話が使えない中、76歳の鈴木市郎院長と残りの患者129人は救助隊を待ったが、同日夜も翌13日も救助は見送られた。
自衛隊が救助に訪れたのは、震災から3日後の14日早朝。全員を乗せきれず、患者と入所者の計132人を車両に乗せて出発。搬入先のいわき市内の高校体育館まで10時間以上かかる中、車中で患者3人が死亡。体育館でも翌日までに11人が死亡した。医師は同行できなかったという。
病院には院長と職員、患者93人のほかに、自衛隊の隊長、警察官が残っていた。14日午前11時1分、3号機が爆発すると、隊長は「オフサイトセンター(緊急事態応急対策拠点施設)で指示を仰がなければならない。病院の車を貸してほしい」と言い、車に乗ってそのまま戻らなかった。
 15日午前1時ごろ、警察官の指示で院長らは病院を離れ、原発から約20kmの峠に避難。自衛隊との合流に備えた。午前6時ごろ、2号機と4号機が爆発。自衛隊は午前11時ごろ病院に到着、最後の患者の救出を始めた。患者7人は搬送先で死亡した。
院長と自衛隊の入れ違いともいえる事態が、「患者置き去り」「患者21人見殺し」の誤報につながる。自衛隊は県の災害対策本部に、病院関係者は一人もいなかったと報告。同本部は背景を確認もせずに記者発表し、マスコミが一斉に報道した。
 杉山医師らも指摘していたが、さまざまな疑問が生じてくる。原発近くの病院は12日には患者が救助されている。双葉厚生病院には自衛隊のヘリまで出動した。双葉病院の場合、なぜ自衛隊は迅速な対応ができなかったのか。病院の車を借りた隊長は"乗り逃げ"をしたのか。自衛隊と県、町は連携が取れていたのか。
 講演会はマスコミの誤報を指摘し、双葉病院の医師・職員の名誉回復のために開かれた。だが、誤報事件だけでは済まないだろう。同病院の患者やドーヴィル双葉の入所者は避難途中、避難先で計50人が亡くなったという。迅速に救助されていれば、失われることはなかったはずの命だ。国や県、町は遺族に対し救助が遅れた理由を説明すべきだろう。

博文会職員の皆様へのお知らせ

平成23年 4月14日

医療法人 博文会 双葉病院
ドーヴィル双葉
クレール双葉
職員各位

医療法人 博文会  
理事長 鈴木 市郎 

皆様への今後の対応方針

   大気中の放射線量も少しずつ低くなってきてるとはいえ、未だ予断を許さず、いつ終息す
  るかも判らない、いつ大熊町に戻り業務が再開できるのかもわからない状況が続いています。
  皆様におかれましても、被災から1ヶ月が経ってもなお止まぬ強い余震の中、今後のことで
  色々と考え動き始めなければと不安や焦りが出てきていることと思います。
   双葉病院・ドーヴィルとも1日も早い復興、再開を願っています。しかし、再開のめどが
  たたず、収入も途絶えた現状において、職員全員の雇用を維持するのは不可能と苦渋の決断
  をしなくてはなりません。
   今後の皆様への対応について下記のとおり説明させていただきます。

  1.3月分給与について
    本来なら4月8日(金)支給予定ですが、職員データ・給与振込先・勤怠データがなく、
   振込みが遅れました。
    給与計算ソフトの起動が出来ず、勤怠状況等もわからないため、3月分は基本給にて、
   (准職員は3月出勤予定日数に応じて。)振込みを致しました。夜勤手当含む諸手当や、
   保険料、源泉徴収等の控除は計算しておりませんので、計算できるようになった際、調整
   します。
   ※4月以降の給与支給はありません。(平成23年3月15日より休業)
  
  2.休業手当について
    社会保険労務士に委託し、4月4日に法人側の休業手続申請を完了しました。皆様は7
   営業日以降の4月13日から休業手当受給手続が行えるので、最寄の職業安定所へ行き、
   手続を行ってください。
    職業安定所の担当者へ「大熊町の双葉病院より、いわき市平の職業安定所に休業証明書
   を提出したので、最寄の職業安定所にて手続するように。」と話すとスムーズに対応して
   もらえます。
   ※雇用保険からの手当のため、短時間・短期間勤務者など該当しない者がいます。
   ※受給金額、受給期間は個人により異なりますので、申請時に職安担当者へお聞き下さい。
   





  3.退職金について
    退職金として、病院厚生年金基金と日本精神科病院退職金共済会を解約します。
    病院厚生年金基金は、退職金を一時金で受取るか将来受取る年金に加算するか選択でき
   るので、送付される用紙に必要事項を記載し手続してください。
    日本精神科病院退職金共済会は、一時金が各個人の銀行口座に直接振込まれます。
   ※博文会から関係機関への手続は5月上旬までに完了させる見込みです。
   ※病院厚生年金基金から書類が送付されるため、住所(〒から番地まで細かく)は移動が
    ある都度お知らせ下さい。

  4.社会保険について
    社会保険に関しては、4月29日付で保険の喪失手続きを行いたいと思います。
    各自国民健康保険に加入するか、新たな職場での協会健保に加入してください。
   ※新たな就職先が決まった際は、就職先正式名称、所在地、連絡先、採用年月日をお知ら
   せ下さい。採用年月日の前日付での退職手続を致します。

  5.その他
    今後の対応につきましては、同じ被災病院として西病院・今村病院と協議・連携をとり
   進めていきます。
    こちらかの連絡は、各主任を通じて全職員に伝わるようにしてください。そのため各主
   任は連絡体制を確立してください。
    現在、入院患者の安否確認、転院先への情報提供、災害対策行政への報告書作成等業務
   多忙なため、新しい就職先や避難先の連絡、お問い合わせなどは、口頭による誤認や漏れ
   を防ぐためにも、FAXかEメールでのみ受け付けます。
    いわき開成病院 FAX 0246-58-7843
    いわき開成病院 Email kaiseihos@carol.ocn.ne.jp
    宍戸の携帯・メールでもOKです。
   ※連絡、問合せの際は、必ず氏名・連絡先・連絡問合せの内容をできるだけ詳細に明記し
   てください。

以上

   今後も新しい動きや、お問合せの多い事項につきましては、定期的にご連絡いたします。
プロフィール

sugitake2

Author:sugitake2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。