スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

m3.comに「双葉病院、復興への一歩踏み出す 福島・いわき市に『ラ ルース クリニック』開設」が掲載されました

2012年6月11日 橋本佳子(m3.com編集長)

双葉病院、復興への一歩踏み出す 福島・いわき市に「ラ ルース クリニック」開設

 「ラ ルース クリニック」。スペイン語で綴ると、「la luz clinic」、luzは「光」という意味だ。

 6月11日、福島県いわき市のJRいわき駅から徒歩15分ほどの場所に、心療内科、精神科、内科を標榜するクリニックがオープンした。無床で、うつ病や不安障害、統合失調症などの精神疾患の診療のほか、東日本大震災や福島第一原発事故の被災者への心のケアなどを行う。女性患者専用の外来を設けたことも特徴。女性医師が担当し、女性特有の心身の疾患や悩みなどに対応する。

 開設したのは、医療法人博文会。同法人が経営する双葉病院の名前を聞けば、昨年の福島第一原発事故で、患者全員の緊急避難を余議なくされた際、「患者を置き去りにして避難した」という誤った報道がなされたことを思い出す医療者も多いだろう(『“双葉病院事件”の真相、当事者医師、語る』を参照)。

 「このクリニックを、双葉病院の復興の第一歩にすることをお願いし、院長をお引き受けした」。双葉病院に約7年間勤務し、「ラ ルース クリニック」の院長を務める石井秀典氏は、開設への思いをこう語る。

 双葉病院は、350床の精神病院。原発事故当時337人いた入院患者のうち、患者搬送の遅れから、避難のバスの中や避難所などで死亡した患者を除き、300人近い患者は関東や新潟などの病院に受け入れを依頼した。また1日当たり20~30人程度いた外来患者は、福島県内外の仮設住宅や親戚に身を寄せるなどして生活している。これらの患者を受け入れる第一歩としてスタートしたのが、「ラ ルース クリニック」だ。

 医療法人博文会理事長で、双葉病院院長の鈴木市郎氏は、「周囲は私の名誉回復が必要だと言うが、私の今の最大の責務は、亡くなられた患者のご遺族に対する説明責任を果たすこと。患者の搬送がなぜ遅れたのか、それを説明する材料を得るために、県をはじめ関係者への調査を続けている」と語る。双葉病院の再建に向けた動きは、遺族への説明が一段落した後に、と考えていたという。それでも診療所のオープンに踏み切ったのは、患者、そして石井氏、鈴木氏の長女で精神科医の松本千穂氏らの働きかけがあった。

 「患者からは、いつ双葉に帰れるのかという手紙をよく受け取る」(鈴木氏)。また、双葉病院のある、比較的温暖な浜通り地方とは異なり、雪深い会津地方に避難した患者の中には、浜通り地方に住むことを希望する人も多いという。博文会は、いわき市に、いわき開成病院(162床)を経営するが、交通が便利な立地ではない上、「いわき開成病院に患者が数多く来ても対応できない」(鈴木氏)という事情もあり、いわき市以外に住む患者も通院できるよう、交通の便のよい立地を選んだ。

  双葉病院を想起する「緑、茶、ピンク」がテーマカラー

 クリニック開設の検討を始めたのは、昨年の夏ごろ。秋頃から具体的な検討に入った。双葉病院は、今年2月11日で開設50周年を迎えた。当初はこの日のオープンを目指したが、準備や諸手続きが遅れたために、6月11日のオープンとなった。

 場所は3階建てのビルの1階で、広さは優に200m2以上ある。クリニックの名前の由来を、松本氏は、「震災の復興に向けた日々の動きの中で、厳しい生活を強いられている人も少なくない。その中で、ささやかな希望の光になれれば、という思いを込めた」と説明する。テーマカラ―は3色。自然あふれる双葉の町を想起できるよう、緑色と茶色、そしてピンクだ。「双葉病院の庭には、開設時に植えた桜の木があり、毎年春になるとお花見をしていた。今はもう見ることができない桜の花をイメージしたもの」(松本氏)。

 待合室は、間接照明を用い、非常に柔らかい雰囲気。プライバシーを保てるよう、二人掛けの椅子の両側と背後にすりガラスによる仕切りを付けている。

 常勤医は石井氏一人だが、非常勤医として鈴木氏、松本氏らが診療に当たる。診察室は、精神科外来用、女性外来用にそれぞれ2室。いずれもゆったりとした設計で広く、待合室と同様に間接照明を用いている。「不安を抱えた患者が、診察室に入った際に安心できるよう、照明や壁紙などに配慮した。また、『女性外来』を設けたのは、月経などの身体的、あるいは日常生活のストレスに起因する問題などを抱える女性患者に対し、女性医師が対応することで受診のハードルを下げるため」(松本氏)。

 診察室では当面、電子カルテは用いない。石井氏はその理由を、「クリニックには双葉病院時代の患者が来ることを想定しているため、双葉病院で使っていたカルテをそのまま使いたいため」と説明する。もちろん、双葉病院の患者以外にも広く受け入れる。「中には、震災や原発事故によるPTSDの患者もいる。私も双葉病院で震災に遭った。同じ経験をした者として、患者に接していきたい」(石井氏)。

 そのほかクリニックには処置室、院長室や職員の控室、さらには「双葉病院復興準備室」も兼ねる予定の理事長室がある。受付にある「la luz clinic」の文字の「la」の「l」はやや短い。クリニックが軌道に乗れば、「l」の文字を直すとともに、クリニックの外窓にあるロゴについては、双葉病院復興のメドが立った時に直す予定だという。

  「採算は度外視で」と鈴木理事長

 石井氏は震災当時、双葉病院で診療をしていた。337人の入院患者は、3回に分けて搬送された。石井氏ら他の常勤医はその第一陣の患者のバスに同乗して避難したが、その際、鈴木氏と他の患者を残して避難することに抵抗を感じ、何度も病院に残ることを主張した。それでも鈴木氏は、石井氏の大学医局派遣という立場、また年齢的にも若いことを考え、避難を強く求めた。結果的に鈴木氏が1人残り、その後の避難の際の誤報によりバッシングを受けることになる。

 石井氏らはその後、患者のカルテや所持品などを持ち出すため、放射線量の高い双葉病院に、防護服を身に付け、何度も戻った。そのカルテ情報を受入先の病院に伝えるほか、患者の所持品を返すために、昨年6月末くらいまでかけて、関東や新潟の病院を回った。この間、そしてその後も誤報を訂正する報道が一部でなされたが、それでもバッシングを受けた無念さは払拭できなかった。いわき開成病院院長の湯川泰一氏も、「今でも週に1、2回は、なぜあの時に、県に患者救出を働きかけるなどの対応をしなかったのか」などという思いが頭をよぎるという。しかし、いわき開成病院自体も被災した上に、通信事情が悪く、県に連絡が付く状況ではなかった。

 鈴木氏は、石井氏や松本氏、湯川氏らの双葉病院の復興への思いを受け止め、双葉病院の患者の受け皿を作ることに賛成し、「採算は度外視。利益を上げることを考えなくてもいい」と言い、「患者のことを第一に考えたクリニック作り」だけを条件に開設を承諾。クリニックのビルは、鈴木氏の知人が所有していたもので、安価でテナントとして入ることができた。

 鈴木氏は、他の病院に搬送された入院患者については、今でも「受け入れてもらっている」という思いを抱く。しかし、「ラ ルース クリニック」をオープンしても、当然ながらこれらの患者の受け入れはできない。

 政府は6月9日、福島第一原発の被害を受けた福島県内の11町村について、除染を行わない場合の空間放射線量の予測を公表した。双葉病院のある大熊町は、年間20mSvを超えるために帰還困難になる住民の比率は、10年後では約80%、20年後でも約 30%に上るという結果だった。鈴木氏はこの試算の公表以前から、元の土地での双葉病院の復興は難しいと覚悟していたが、それが実際の数字として裏付けられた格好だ。

 鈴木氏は、関連の社会福祉法人博文会で、福島県浪江町に特別養護老人ホーム「オンフール双葉」も経営。同ホームも今は閉鎖状態であるため、浪江町から、いわき市などでの特別養護老人ホーム再開の要請を受けている。「遺族への説明が第一」と繰り返し語る鈴木氏だが、将来的に、双葉病院の入院患者の受け皿を作るのであれば、いわき市を想定しているという。

 緊急避難に伴い死亡した患者遺族への説明と、双葉病院の患者の受け皿作り――。双葉病院は、「ラ ルース クリニック」のオープンを機に、この両輪の形で復興に向けた新たなスタートを切った。
スポンサーサイト

いわき市にラルースクリニックをオープン

6月11日いわき市平に医療法人博文会ラルースクリニックをオープンしました。
院長は石井秀典先生です。
ラルースクリニックのホームページはこちら

ラルース_convert_20120622185139
プロフィール

sugitake2

Author:sugitake2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。