スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「患者死亡と原発事故、因果関係あり」、双葉病院 ー10月1日m3.com

◆「患者死亡と原発事故、因果関係あり」、双葉病院
遺族・家族への説明会開催、福島県の「お詫び」も公表

2012年10月1日 橋本佳子(m3.com編集長)

 福島第一原発事故に伴い、患者と入所者、計400人超の緊急避難を余儀なくされた双葉病院と介護老人保健施設「ドーヴィル双葉」を経営する医療法人博文会は9月30日、 患者家族と遺族向けの説明会を開催、独自調査の結果を基に、「原発事故と個々の患者の死亡の間には因果関係があるものと考えている。一般論として原発事故の損害賠償の要件 を満たすものと考えている」との見解を明らかにした。説明会に出席したのは、病院と老健施設を合わせて、67家族、124人。

 2011年3月11日の東日本大震災当時、双葉病院には338人の患者、ドーヴィル双葉には98人の入所者がいた。3月12日の早朝、第一原発から半径10km圏内に避難指示が出て、患者と入所者、職員の全員が緊急避難を迫られたが、自衛隊などによる救出が遅れた。院内、搬送中および搬送後に死亡した患者と入所者は、2011年3月末までに計50人に上り、その後、死亡した患者もいる。

 原疾患による死亡も想定し得る患者もいるため、最終的には原子力損害賠償制度の対象になるか否かは、個別の事例で判断されるが、今後、博文会では引き続き調査を続けると ともに、遺族が損害賠償請求を行う場合や、原子力損害賠償紛争解決センターに仲介を申し立てる場合には、関係資料を用意したり、福島県弁護士会への取り次ぎなどを行うとい う。

 さらに、説明会では、今回の緊急避難に伴い、福島県が事実とは異なる記者発表を行ったことについて、「配慮を欠き、適切ではなかった」とお詫びしたことも明らかにされた 。双葉病院からの避難については当初、一般紙で「患者置き去り」などと報道され、病院がバッシングを受けた。これは福島県が、「自衛隊が患者救出に向かった際、病院関係者 は一人も残っていなかったため、患者の状態等は一切分からないままの救出となった」と記者発表したことに基づく報道だった。福島県は、経緯の説明を求めていた福島県医師会 に対し、今年7月20日付けで、双葉病院院長の鈴木市郎氏は、患者救出に向かった自衛隊との行き違いなどから、救出に合流できなかったという事実を認め、「関係者の方々に 多大なご迷惑をおかけしたことをお詫びする」と回答している。7月の「東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会」(いわゆる政府事故調)の最終報告でも、6 ページ強を双葉病院の経緯分析に割き、「県の広報内容は、事実に反する」と結論づけている(資料は、同委員会のホームページ http://icanps.go.jp/に掲載)。

 30日の説明会は午後1時30分から開始、約2時間に及んだ。代理人弁護士の井上清成氏らが、独自に調査した結果を基に避難の経緯を約1時間30分説明、その後、質疑応 答が約30分行われた。鈴木院長は、説明会の冒頭、双葉病院等に入院していたために、患者や入所者が大惨事に遭遇する結果となったこと、また家族と遺族への説明が原発事故 から約1年半後と遅れたことについて、お詫びの言葉を述べた。

 しかし、質疑応答の際に、遺族からは、「悪くないのは分かっている。しかし、院長に謝ってほしい。それだけを聞きに来た」「誤るだけでも、謝らないとおかしいのではない か」「土下座しろ」などの発言があったという。説明会後の記者会見で、鈴木院長は、「亡くなられたのは断腸の思い」と述べた上で、遺族の発言については「かなりショックだ った」とコメント。ただ、鈴木院長自身は、患者の救出に尽力しており、患者の死亡に対する法的な責任はないとの判断から、その意味での謝罪は毅然と断ったという。説明会か ら帰る遺族からは、「あれだけパニックの状態だったのだから、救出に問題があったことを責めても仕方がない。ただ、院長から『申し訳ない』との一言を聞きたかった」と感想 も聞かれた。

 もっとも、遺族の発言を参加者の多くが拍手などして支持したわけではなく、避難の経緯についての質問もなく、参加者の多くは博文会の説明に納得したものと見られる。鈴木 院長は避難直後から、死亡した患者に対して何らかの補償ができないかという思いとともに、マスコミ報道で毀損された自身の名誉回復を求めていた。7月の県の回答や“政府事 故調”の報告書、30日の説明会でこれらの道筋が付いたと言える。

 なお、この10月にプラハで開催される世界精神医学会(WPA;World Psychiatric Association)で、東日本大震災関連の特別企画があり、双葉病院も今回の避難の経緯も含め、大震災が精神医療に及ぼした影響などを講演する予定になっている。「 精神病院の患者は社会的弱者。二度と今回のような問題が起きないように、また一病院だけで対応できる問題ではないため、社会のシステムとして対応していく必要性を訴えたい 」(前双葉病院医師で、博文会ラ ルース クリニック院長の石井秀典氏)。
スポンサーサイト
プロフィール

sugitake2

Author:sugitake2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。