スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月15日読売新聞朝刊ー政府事故調の最終報告について

7月15日読売新聞一面で、7月23日発表予定の政府事故調の最終報告の内容がスクープされています。
最終報告の主な4つの指摘項目の中に、「入院患者らの救出が遅れたのは不適切。福島県と自衛隊の連係不足などが原因」があり、具体的には「一方、事故調は避難前後に約40名が死亡した『双葉病院』(福島県双葉郡大熊町)の事例を詳細に調べた。3月14日の搬送で、県災害対策本部は寝たきりの患者の搬送に適さない車両を手配したため、別な車両が必要になった。また県障がい福祉課は独自に患者の受け入れ先を見つけたのに、同本部に連絡しなかったため患者らは200キロ以上もの移動を強いられた。救出に向かった自衛隊は県との連係不足から病院長と合流できず、15日、同病院の別棟にいた患者に気付かず、患者らは16日未明まで取り残された」と指摘しているようです。

先日の国会事故調の報告書とは違い、政府事故調の最終報告では、県災害対策本部と障がい福祉課、県災害対策本部と自衛隊の連係エラーについて踏み込んで指摘しているものと予想されます。

(下の画像をクリックすると拡大して記事を読むことができます)
24年7月15日読売新聞_convert_20120716223356
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sugitake2

Author:sugitake2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。