スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府原発事故調 最終報告 県の「連携不十分」双葉病院の患者ら50人死亡ー7月24日産経新聞

 東京電力福島第1原発事故は、病院からの患者の避難をめぐる課題も浮き彫りにした。政府事故調は患者ら50人が亡くなった双葉病院(福島県大熊町)の例を挙げ、県の災害対策本部内外の連携が不十分だったため「避難や救出が遅れた」と問題点を指摘した。

 原発10キロ圏内の避難指示が出た昨年3月12日早朝、双葉病院と系列の介護施設「ドーヴィル双葉」には患者ら約440人がいた。午後2時ごろ、自力歩行可能な患者らから避難が始まり、院長と寝たきりの患者ら約230人が残った。14~16日に自衛隊が患者を救出したが、寝たきりの患者が中心という情報が県の災対本部で共有されなかったため、容体に適さない車両での長時間搬送といった問題が生じた。院長は14日夜、警察の指示で川内村にいったん退避し、自衛隊との合流のため待機していた。だが、この情報も共有されず、院長が救出に立ち会えなかったため、病院別棟に残された患者らの救出に遅れが出た。また、県が「患者を救出したが病院関係者は一人も残っていなかった」と17日に広報した点について、政府事故調は「病院を放棄した印象を与え、不正確で不適切」と批判した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sugitake2

Author:sugitake2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。