スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双葉病院避難問題検証ー7月24日朝日新聞マイタウン福島

 ●県の広報は「不的確」/政府事故調
 双葉病院の患者救出が遅れた問題で、政府事故調は当時の県の広報を「事実に反し、不的確な内容と言わざるを得ない」と批判した。
 県災害対策本部は昨年3月17日、いわき光洋高校に避難した双葉病院の患者が相次いで死亡した問題を説明する際、「双葉病院には病院関係者が一人も残っていなかったため、患者の状態などは一切分からないままの救出となった」とする文書を報道機関に配った。
 実際は原発の危険性が高まり、病院に残っていた鈴木市郎院長(77)と双葉署副署長らが14日夜、川内村の割山峠に一時退避。院長と副署長らはそこで自衛隊と合流予定だったが、自衛隊は病院に直行した。
 事故調は、断片情報の広報で「院長が病院を放棄し、立ち去った印象を与えた」と指摘。現地の状況を把握できなかった災対本部の対応を問題視した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sugitake2

Author:sugitake2
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。